野犬に襲われ中学生けが

3日午後3時15分ごろ、周南市徳山の市道三田川交差点付近で、下校中の男子中学生が野犬に左ひじをひっかかれ、軽いけがをした。野犬による人的被害は昨年5月以降、市内で5件目。
市によると、野犬2匹が近づき、1匹が前脚で引っかいたという。中学生はそのまま帰宅し、医療機関で消毒の手当てを受けた。
現場近くには河原幼稚園、岐山小があり、市は園、学校を通じて子ども、保護者に気を付けるよう呼び掛けた。県周南環境保健所と協力して巡回を強めるほか、捕獲器と注意を促す看板の設置を検討する。
市内では昨年5月から今年2月までに60代女性ら高齢の男女4人が野犬に脚をかまれて軽いけがをする被害が4件起きている。

関連記事一覧

PAGE TOP