夜市、戸田、湯野の子どもたち まが玉やスポーツで交流

周南市の夜市市民センターで7日、夜市、戸田、湯野小の児童が古代のまが玉づくりやニュースポーツを楽しみながら交流する〝かっぱ応援団2019「夜市で古代体験」〟が開かれ、小学生37人が参加した。
この行事は夜市、戸田、湯野市民センターが地域住民有志の〝かっぱ応援団〟とともに開いた。今年は夜市の引き受けで同センター職員の清水慎也さん(39)を中心に企画。まが玉は石を削って完成させ、早速、身につけて活動。輪投げやビーンボウリングなどを楽しんだ。
清水さんは宝探しでは館内の銅たくや埴輪、鏡などの写真を探すなど、遊びに通じて歴史に興味を持てるように工夫した。三地区は桜田中学に進学していて清水さんは「早く友達をつくる機会にもなってほしい」と話していた。

関連記事一覧

PAGE TOP