3週間ぶりにパチンコ店再開 県外からの来店に警戒

再開したパチンコ店の入り口

新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、県からの休業要請で先月21日から10日まで店を閉めていた周南市内のパチンコ店が11日から営業を再開した。
感染防止のため、県は県外からきた客の利用を認めない取り組みをパチンコ店に要請しており、各店とも県外来店客を拒否する看板を掲示していた。
マスクを着用している客のみ入場を許可し、入り口で店員が来店客の手に消毒スプレーを吹きかけるなど、感染防止の対策を徹底している店舗もあった。このパチンコ店の店長は「平日なので元々客足は少ないが、それでも普段の半分ぐらいの客数。仕事帰りのお客が立ち寄る夕方からの時間帯に期待したい」と話していた。
県は31日(日)までの土曜、日曜は引き続き休業を要請して、感染拡大を防ぐ方針だ。

関連記事一覧

PAGE TOP