高校、大学生こそ積極的に 6月14日・CSR検定

検定試験の受験を呼びかける岡井さん(左)と袁さん

周南市久米の中特グループは、6月14日(日)に同グループビル2階で実施するCSR検定について、高校生から社会人まで幅広い層の受験を呼びかけている。
CSR検定は、企業を含む様々な組織を対象にする社会的責任の国際基準ISO26000、国連で採択された持続可能な開発目標のSDGsに関する知識を身につけ、企業の社会的責任について理解力や実践方法を身につけることを目的とし、これまでに肥後銀行、カシオ計算機、カルビーの社員などが受験している。今回は全国25カ所で2級と3級の試験を実施し、それぞれ公式テキストから出題される。
同グループは、フードバンク、女性社員・管理職の割合増加、ワークライフバランスの推奨、地域清掃ボランティアなど、地域、働き方、環境の課題解決活動に積極的に取り組んでいて、約100人の社員のうち3級に19人、2級に2人が合格している。
2級を保持する同グループの吉本妙子企画広報室長(52)は「CSRについて知れば、企業と社会の関わり方の新しい視点が得られる。普段の生活や買い物で、地域や社会の課題解決に前向きな企業の商品を選ぶなど行動の変化にもつながるので、社会人だけでなく、次世代を担う高校生、大学生にも受験してもらいたい」と呼びかけている。
3級に合格している同グループの岡井光憲さん(31)は「環境問題などに取り組んでいる会社の社員として社会や世界の課題を知るきっかけにとして受験した」、袁夢さん(26)は「学校で環境問題やCSRについて勉強したことがあったが、入社後のお客様とのやり取りでCSRが実践されていることを知り理解が深まった」と話していた。
申し込みはインターネットhttps://www.cs
r-today.biz/から。公式テキストも購入できる。締め切りは27日(金)。
問い合わせは同グループの上原康宏さん(0834・26・0500)へ。
試験の概要は次の通り。
[受験資格]3級=全ての社会人と学生、2級=3級合格者を想定[試験時間]3級=70分、2級=90分[問題数]3級=選択式40問、2級=選択式25問と記述式2問[合格ライン]3、2級ともに80%以上の正答率[受験料]3級=一般4950円と学生3300円、2級=一般8250円と学生4950円。税込み。団体で申し込むと割引がある。

関連記事一覧

PAGE TOP