顆粒スティックのだしの素 シマヤが新商品 北海道産昆布の浅漬けの素

あわせだしの素

周南市のシマヤ(原田道太社長)は3月1日(月)、春の新商品「あわせだしの素8g×7本」と「だしでおいしく浅漬けの素36g(グラム)」を発売する。
「あわせだしの素」は鹿児島県枕崎産のかつお節と北海道産の昆布を使い、かつおの香り豊かなおいしさと昆布のまろやかなうま味のバランスで料理が引き立つだしの素。使いやすい顆粒スティックタイプで、原料には、アレルギーを引き起こす物質のアレルゲンを使っていない。
パッケージは「シマヤ顆粒スティックシリーズ」の統一デザインで、イメージカラーにオレンジを採用している。8㌘が7本入りで標準小売価格は170円。
「浅漬けの素」は、北海道産昆布のだしのうま味とまろやかさを味わえる浅漬けが10分で出来上がる。時間のない時やもう一品つくりたい時に便利な商品。野菜150㌘にスティック1本6㌘が目安で、「野菜を切る」「混ぜる」「漬ける」という簡単な手順で作ることができる。
パッケージはきゅうり、大根、白菜だけでなく、メニューのバリエーションを広げてもらうよう、ラディッシュ、セロリなど、西洋野菜を使った浅漬けの調理例も表示。6㌘が6本入りで標準小売価格は140円。税別。
問い合わせは同社お客様サービス室(0120・480・477)へ。

だしでおいしく浅漬けの素

関連記事一覧

PAGE TOP