開店前に500人行列 フジ桜馬場店オープン

テープカットをする左から川原さん、田村会長、原田会長、山口社長

周南市桜馬場通3丁目のホテル「ザ・グラマシー」跡に25日、スーパーマーケットのフジ桜馬場店(俣野忍店長)がオープンした。開店前は500人が列を作り、周辺住民の期待の高さがうかがえた。
オープニングセレモニーでは、俣野店長が「桜馬場店のストアコンセプトは365日桜咲く提案空間。毎日の暮らしに新しい出会いや発見をお届けできる店を築いていきたい」とあいさつし、田村利夫桜馬場通町内会長、原田洋子徳山商工会議所女性会長、来店者の中から選ばれた周南市の川原結美さん、山口普社長が一緒にテープカットをした。
来店客のために用意した記念品のほうえい堂のまんじゅうは開店してあっという間になくなった。
広々とした店内には、新鮮な野菜や鮮魚、肉類が並び、総菜コーナーは焼きそばやトンカツなど品ぞろえが充実。各売場では、店員が「いらっしゃい、いらっしゃい」と威勢のいいかけ声をあげながらお買い得品を紹介していた。パンコーナー「パリクロアッサン」は人気で、レジには長蛇の列ができていた。
川原さん(36)は「今日は8時半ごろに自転車で来た。便利なのでこれから頻繁に利用したい」と話した。

オープン前に行列を作る人たち

にぎわう店内

関連記事一覧

PAGE TOP