西緑地の大賀ハスが見ごろ 紫の花が次々に

咲き誇る花やつぼみもある大賀ハス

周南市の周南緑地公園西緑地の「万葉の森」近くにある池で、大賀ハスの紫の花が見ごろを迎え、朝からカメラマンや見物の市民も訪れている。
大賀ハスは1951年に千葉県の検見川遺跡で発見された種子から育ったハスで、2000年前の古代のハスと見られ、種子を発見した大賀一郎博士にちなんで大賀ハスと呼ばれている。
西緑地では2千株が育ち、7月中旬から8月上旬ごろまでが見ごろ。午前5時ごろに咲き始めて8時ごろには満開になる。池は若草町側の出入り口の近くで、そばには万葉集に登場する植物を集めた「万葉の森」や茶室もある。

関連記事一覧

PAGE TOP