湧永製薬VS大同特殊鋼 2月11日・日本ハンドボールリーグ周南大会

左から青木、友広さん、藤井市長、磯村、下松さん

第44回日本ハンドボールリーグ周南大会が2月11日、周南市キリンビバレッジ周南総合スポーツセンターで開かれる。午後1時半から同リーグ男子6位の広島県の湧永製薬ワクアンガレオリックと4位の愛知県の大同特殊鋼フェニックスが対戦する。
市体育協会統合設立15周年記念事業。午前10時から市内小学生の「リトルガッツ」、11時から日本リーグ女子の下部リーグとして位置づけられているチャレンジディビジョン女子の山口銀行YMGUTS対香川銀行T・Hの試合がある。
日本リーグの市内での大会は12年ぶり。湧永製薬には岩国工高出身の助安功成選手、野村浩輝選手が所属している。
27日は市体育協会の磯村泰将専務理事、市ハンドボール協会の友広巌会長、青木義雄副会長、事務局の下松直樹さんが市役所を訪れて藤井市長に開催を報告した。
入場料は一般・高校千円(当日1,500円)、小・中学生500円(千円)。問い合わせは市体育協会(0834・28・8311)へ。

関連記事一覧

PAGE TOP