松や流れ星、くだまる描いて 原付ご当地プレート

下松市の原付ご当地プレート

下松市は原動機付き自転車(原付バイク)の「ご当地ナンバープレート」の交付を1日から始めた。初日は市役所1階の税務課前に約20人の市民が交付を求めて行列を作った。
市制80周年記念事業の一つ。プレートは下松の地名の由来になった鼎(かなえ)の松と流れ星や、市キャラクターの「くだまる」を描いたもので、縦10㌢、横20㌢。
排気量でプレートの色や制作枚数が違い、50㏄以下は白色で300枚▽90㏄以下は黄色で20枚▽125㏄以下はピンク色で100枚を制作。制作費用は1枚550円。
従来のプレートと交換する場合は無料。新規登録も従来型のプレートとご当地プレートを自由に選択できる。
市税務課は「市への愛着を深め、魅力広く市内外にアピールしたい」と話している。問い合わせは市税務課市民税係(0833・45・1815)へ。

関連記事一覧

PAGE TOP