手づくり歓迎に乗客感激 下松にクルーズ客船初入港 550人が周辺観光へ

クルーズ客船「ぱしふぃっくびいなす」が9日、下松市の下松第2ふ頭に初寄港し、乗客約550人の大半が市内外のオプショナルツアーを楽しんだ。出迎えや見送りには市民約千人が訪れた。
ぱ号の下松寄港は下松市制80周年記念事業の一環。市と下松商工会議所を中心にくだまつクルーズ振興協議会(会長・竹島克好下松商工会議所副会頭)を設立し、行政と経済界が一体になって歓迎イベントを準備した。

関連記事一覧

PAGE TOP