徳山大生と地元飲食店 バレンタインマーケット好評

にぎわう会場

周南市の徳山駅前の有楽町の駐車場で14日、バレンタインマーケットが開かれ、地元の飲食店や和菓子店、徳山大の学生など6店が出店してにぎわった。
このイベントは昨年12月から毎月1回開かれている有楽市場(マーケット)の一環。徳山大生は韓国の留学生5人と日本人学生3人が参加し、キッチンカーでほっとチョコや韓国風辛い板チョコを販売した。
駐車場隣のほっこりCAFEはチョコレート入りのカレーライスを提供。雑貨のチームみまきもバレンタインにちなんでピンク色やハートの形のアクセサリーを用意。竹の第はチョコに合う日本酒とトマトおでんなどが人気を集めた。
韓国人留学生で経済学部3年のキム・ギュリさんは「雨が降らないか、心配したけれど、けっこう、いっぱい人が来てくれてうれしい」と笑顔を見せていた。

関連記事一覧

PAGE TOP