和洋折衷おせちの予約開始 ホテルサンルート徳山 新型コロナ対策で小分け

寿司盛り合わせ

周南市築港町のホテルサンルート徳山が2021年正月のおせちの予約を受け付けている。受け付けは12月26日(土)午前中までで、31日に自宅に届ける。新型コロナウイルス感染症防止対策として、三段重は料理を取りやすくするため小分けにする。
同ホテルのおせちは10年以上、地元に愛されている定番の商品で今回は2種類を用意する。「和洋折衷三段」は和と洋と和洋折衷がそれぞれ1段ずつ。イセエビの具足煮、フォアグラのムース、砂肝のコンフィなど約40種の豪華なメニューが新年を彩る。2万円。
「寿司盛り合わせ」は2段重ねで、しめサバ、サーモン、ウナギの各棒寿司が入った1段と色鮮やかなちらし寿司の1段。ボリュームたっぷりですべて手づくり。1万円(金額は税込み)。
予約は電話、ファックスで名前、住所、電話番号を伝える。支払は現金のみで配達時に手渡す。仕入れなどによりメニューは変更になる場合があり、注文が予定配達の数量に達した時は締め切る。
問い合わせ、予約は同ホテル(0834・33・5577、FAX32・2619)へ。

和洋折衷三段

関連記事一覧

PAGE TOP