周南市環境館でまんが・えほん市 2月14日まで・無料で持ち帰り

人気の漫画本/絵本のコーナー

周南市臨海町の市環境館(リサイクルプラザペガサス内)で第1回まんが・えほん市が15日から始まり、初日の午前中だけで家族連れなど15組が訪れ、人気を集めている。2月14日(金)まで続ける。
このまんが・えほん市は不要になった漫画本や絵本を必要な人に譲ることでごみの減量につなげる活動。事前に寄せられた絵本350冊、漫画本900冊を並べた。原則として1人10冊まで無料で持ち帰ってもらう。絵本などの受け入れは現在も続けている。
漫画本では「テニスの王子様」「カイジ」「進撃の巨人」など人気作や話題作も多く、シリーズをまとめて持ち帰ることもできる。絵本も童話や昔話、人気の絵本やロングセラーの絵本、仕掛け絵本など多彩。お目当ての絵本を探し当てて喜ぶ人もいた。
環境館ではこのほか粗大ごみとして受け付けた子ども服や楽器などを持ち帰ることができるようにしているリユースコーナーもある。ソファなど大型家具も展示していてこちらは2月16日(日)に開く周南エコフェスタの中で抽選会を開く。
今年度からごみになりそうなものを再利用するリユースの活動に力を入れていて来年度も家庭で不用になった物を募集して持ち帰ってもらう機会を作る予定。同館は午前9時から午後5時まで。月曜は休館。電話は0834・61・0302。

関連記事一覧

PAGE TOP