周南市内宿泊者に最大4千円分 泊まって応援!周南お楽しみクーポン 配付の宿泊施設、利用店募集

「お楽しみクーポン」のポスター

周南市は11月20日(金)から市内のホテルや旅館に宿泊した人に飲食店や土産物店で利用できるクーポン券を1人1泊に付き2千円分、同市宿泊施設2連泊4千円分まで配布する「泊まって応援!周南お楽しみクーポン事業」を始める。クーポンを配る宿泊施設、利用できる飲食店などを周南観光コンベンション協会を窓口に募集している。
この事業は新型コロナウイルス対策の第4弾の一環で、クーポン券は1枚が1千円分。5万枚の発行を予定し、事務経費などを合わせて5,800万円を予算計上している。
市内の宿泊施設は約30カ所あるが、11月20日以前はコンビナート企業の定期補修工事の関係者の利用があって稼動率が高いことから、工事が一段落したあとの連休前から始めることにした。
配付期間は来年2月15日まで、利用期間は2月20日まで。県内や広島、福岡県など近県からの観光客、正月の帰省客をターゲットに県内外に利用を呼び掛ける。
市内の宿泊施設のうち15日までに11施設が申し込んでいる。利用できる店は110店舗が申請している。今後も随時、受け付けて事業のスタートに合わせ、参加している宿泊施設、利用できる店を公表する。
クーポン券を利用できる店は土産物店、テイクアウト、移動販売を含めた飲食店、日帰り入浴施設、レジャー・体験施設、タクシー会社。宿泊施設内の売店、食堂も登録している場合は利用できる。宿泊客から回収できたクーポン券の換金も同協会が担当する。
問い合わせはみなみ銀座のまちのポート2階の同協会(0834・33・8424、FAⅩ33・8425)、市観光交流課(22・8372)へ。

関連記事一覧

PAGE TOP