全国各地から「くだまる」に22通 下松市役所で年賀状展 「きつねの嫁入り見たい」「また学校に来て」

愛知県一宮市からの年賀状

すでに「くだまる」は全国区―下松市の公式マスコットキャラクター、くだまるへの年賀状展が市役所1階ロビーで開かれている。北海道から愛媛県まで全国から届いた22通すべてを展示している。
くだまるは昨年の全国ゆるキャラグランプリで395体中、32位になり、全国的な知名度が上昇した。年賀状を寄せてくれたのは市の公式ツイッターをフォローしてくれている人が多いという。
年賀状には「早くコロナが落ち着いて、きつねの嫁入りを見に行きたいです」「岩手県から応援しています」など書き添えも多彩。市内の小学生からは「去年は学校に来てくれたり、写真いっしょにとってくれたり、ノートくれたりありがとう!とてもうれしかった。今年もまた来てください」と感謝の言葉がつづられている。
市地域政策課の森藤孝典広報戦略係長は「県外の方は昨年のゆるキャラグランプリでくだまるを知ったケースが多い。かわいいイラスト付きも多く、くだまるともどもうれしく思っています」と話している。
年賀状の差出人の住所地は次の通り。(東京都以外はすべて市)
札幌、苫小牧(北海道)一関(岩手)沼田(群馬)川越(埼玉)栃木(栃木)大田区、葛飾区(東京)横浜(神奈川)安城、一宮(愛知)新潟(新潟)堺(大阪)神戸、西宮(兵庫)出雲(島根)広島(広島)松山(愛媛)

小学生からの年賀状

展示されている年賀状22通

関連記事一覧

PAGE TOP