上関沖にイルカの大群 巡視艇なちと一緒にパトロール

イルカの大群=徳山海上保安部提供

徳山海上保安部の巡視艇「なち」が29日午前11時20分ごろ、上関町の八島の南岸から15㌔の海上でイルカらしき大群と遭遇した。推定で100頭ほどもいてしばらく一緒にパトロールした。
イルカは漁船に群がっていたが、巡視艇が漁船付近を通過するとイルカも追いかけてきた。20年以上勤務するベテラン職員も驚く珍しい光景だった。

イルカの大群=徳山海上保安部提供

関連記事一覧

PAGE TOP