プレーリードッグ赤ちゃん ●徳山動物園● 20日から公開、10頭に

5頭の赤ちゃん=徳山動物園提供

周南市の徳山動物園で20日(土)から5つ子のオグロプレーリードッグの赤ちゃんを公開する。この5頭は4月23日に出産し、ようやく体の毛が生えそろい、巣から出てきて母親のアキの近くをうろうろするまでに成長している。
プレーリードッグは北米原産のジリスの仲間で草食性。全長は40㌢ほど。同動物園では北園で飼育しているが、穴を掘って生活する様子が観察できるようにしている。
これまでアキと雄のコウ、その子どもの雄と雌、秋吉台サファリランドから来た雌の計5頭がいたが、今回の5頭の出産で10頭になっている。
問い合わせは同動物園(0834・22・8640)へ。

関連記事一覧

PAGE TOP