ハートフルカレンダー 毎月、障がい者の作品 周南あけぼの園が制作・販売

周南市久米716―4の障害福祉サービス事業所「周南あけぼの園」(沖村昌範施設長)の「2021ハートフルカレンダー」が完成した。壁掛けカレンダーと卓上カレンダーがあり、いずれも1カ月ごとに違った絵などを楽しめる。
このカレンダーは同園が開いた「第7回障がいのある人の芸術作品展」の入賞作品と、同園のアトリエnonの作品を使っている。値段は壁掛けが千円、卓上は1,300円。(いずれも税込み)。同園、光あけぼの園、周南市役所1階の売店「生活彩家」で販売している。
同園では2日から来年1月末まで、同展の応募作品全199点をホームページで紹介している。
16日(月)から12月18日(金)まではアトリエnon作品展示&販売会も同園内で開く。カレンダー、ポストカード、クリアファイル、タオル、ハンカチ、さをり織りのバッグやポーチ、ピアス、ストラップなど多彩な製品を手にとることができる。
展示&販売会は午前10時から午後2時まで。第1・3土曜、日曜、祝日は休み。問い合わせは同園(0834・39・3755)へ。

完成したカレンダー

関連記事一覧

PAGE TOP