ちりめん、パンドールや和紙 29日~3月28日・創作人形ひな展

山本さんの作品

森脇さんの作品

山中さんらの作品

地元の作家の可愛い作品を展示即売する創作人形ひな展が29日(金)から3月28日(日)まで、周南市新堀のギャラリー三匹の猫で開かれる。
パンドールの森脇芳子さんはあどけない子どものような内裏びな、ちりめん人形の山本洋子さんは干支にちなんで牛の内裏びなも出品している。
和紙人形の長沼隆代さん、椿窯の上田達生さん、こけし作家の山中三平さん、ちりめん小物の樫久保睦子さん、和風アクセサリーの平本いつ子さん、戸塚刺繍(ししゅう)の加藤正恵さん、ブリザーブドフラワーの柴田悦子さんらたくさんの作品500点が並ぶ。
毎年、好評のひな展だが、今回は期間が長く、作品の入れ替えもあり、何度でも訪れて楽しめそう。会場でフルートなどのコンサートも開かれる。午前10時半から午後5時まで。期間中は無休。同ギャラリーの電話は0834・21・0600。

関連記事一覧

PAGE TOP