さわやかな初夏の風に吹かれて 下松スポーツ公園でポピー2万本

見ごろになったポピー

下松市河内恋路の下松スポーツ公園の〝花の広場〟で約2万本のポピーの花が見ごろを迎え、訪れる人たちの目を楽しませている。
花の広場は約5100平方㍍で、17年前から市がコスモスやパンジー、菜の花など季節の花を植えている。今年のポピーは昨年の11万本を大きく下回る2万本で、広場の約8分の1の610平方㍍にとどまっている。
ポピーはケシ科ケシ属の1年草で〝ひなげし〟とも呼ばれる。見ごろには50㌢から1㍍ほどの草丈になる。
広場の隣には幼児用遊具がそろう〝冒険の森〟があるが、現在は新型コロナウイルスの感染防止のため使用中止になっている。
花の咲き具合は市のホームページで確認できる。問い合わせは市都市整備課公園緑化係(0833・45・1857)へ。

関連記事一覧

PAGE TOP