おいしい肉やハムで体力 5月12日まで・朝日屋が春爛漫キャンペーン

春風燻2020

下松市瑞穂町2―19―16の食肉加工製造会社、朝日屋(安田大作社長)が16日から5月12日(火)まで、春爛漫キャンペーンを開き、期間限定特別価格でハム、ソーセージなどのセットを販売している。
これから暖かくなる前の気温の寒暖差のあるこのシーズンにおいしいものを食べて栄養を取り、夏に向けて体力や鋭気を養ってほしいと毎年開いて今年で6回目。
ドイツDLG品質協議会で2020年に金賞・銅賞を受賞したパストラミビーフ150㌘、星降る街ロースハム200㌘、粗挽(あらび)きウィンナー145㌘、チキンハム160㌘がセットになった「春風燻(はるかぜくん)2020」を3,300円(税込)で提供している。
これからの行楽シーズンにピッタリな、3人から4人前の糸島牛赤身焼き肉用、豚バラ串、無塩せきウィンナー、ハムステーキ、国産牛ホルモン、国産鶏もも肉カット、鶏皮串、コルドンブルー(豚肉の香草焼き)、スパイスが入った「お肉屋さんのBBQセット」3,980円(税込)も販売する。
安田社長は「新しい門出や卒業、入学、就職、転勤…、親しい方へのあいさつやお祝い事、母の日の贈り物にもふさわしい逸品ができました」と自信満々。パッケージの包み紙もピンクの花が咲いた可愛らしい春仕様を用意した。
注文はホームページ、フェイスブック、FAX、電話、店頭で受け付けている。フェイスブックには朝日屋の商品を使った調理例などを掲載している。詳しくは「世界が認めた味 朝日屋」を検索。
問い合わせは同社(0120・86・4186)へ。

関連記事一覧

PAGE TOP