「171」で無事を伝えて 災害伝言ダイヤルPR 大災害時に安否情報

体験用災害伝言ダイヤルを使う響尾さん(左)

地震などの大災害時に電話で安否情報を伝えることができる災害用伝言ダイヤル「171」を知ってもらうためのキャンペーンが15日、周南市役所の1階ロビーで開かれ、来庁者に使い方をPRした。
日本公衆電話山口支部山口東地区分会(兼石昌治分会長)の主催。15日から21日までは「防災とボランティア週間」で、地震などの大災害が発生した時に、被災地とその他の地域をつなぐ声の伝言板として同ダイヤルを広く知ってもらうことを狙って企画した。
災害伝言ダイヤルは被災地への電話がつながりにくくなった時でも「171」をダイヤルして録音した伝言を、伝えたい相手が再生して聞ける。
この日は、ロビーに体験用の災害伝言ダイヤル電話が設置され、山口支部の職員が、来庁者に災害伝言ダイヤルへの電話のかけ方、録音や再生の仕方を説明しながら体験してもらい、啓発用のパンフレット、ボールペンなどを配った。
体験した響尾久美さん(62)は「携帯からも使えてとても便利。安心のためにも意義あるものだと思った」、横浜市に妹がいる岡本恒男さん(70)は「何かあったときに自分が無事であることを相手に伝えられるのはとてもありがたい」と話した。

関連記事一覧

PAGE TOP