●周南署●櫛浜駐在所が完成 大島と統合、2人体制

完成した櫛浜駐在所

周南市櫛ケ浜に周南警察署櫛浜警察官駐在所が完成した。櫛ケ浜駐在所と大島駐在所を統合し、2人体制で櫛浜、鼓南地区を担当する。21日は近くの櫛浜市民センター講堂で住民の代表など20人が出席して開所式が開かれた。
開所式では岡山修署長があいさつして移転・統合の経緯を説明し、藤井市長が「木のぬくもりがある、立ち寄りやすく親しみがあり、安心安全のよりどころとなる」と述べ、県公安委員会の弘田公委員も祝辞を述べた。
続いて同駐在所の福永松次所長(59)が「安全・安心のまちづくりのため誠心誠意勤務に精励することを誓います」と決意を表明した。
新しい駐在所は徳山櫛浜郵便局の隣で、木造2階建て100平方㍍の建物と、ミニパトカーの車庫、来所者用に3台分の駐車場などがある。執務室はバリアフリーになっている。事業費は5800万円。
旧駐在所の建物は櫛ケ浜の街中で駐車スペースがほとんどなかった。新しい駐在所は県道のすぐそば。旧大島駐在所と統合されたことで所員が2人になり、これまでバイクしかなかったが、ミニパトカーが新たに配備された。

決意表明を述べる福永所長

関連記事一覧

PAGE TOP