●周南市体育協会●高校生プロの河野選手登場  周南市出身、レノファ山口所属 女性委員のインタビューを配信中

河野選手(右)へのインタビュー動画

周南市体育協会(黒神直大会長)の女性スポーツ委員によるアスリートへのインタビューシリーズで、周南市出身のレノファ山口FCの高校生プロ、河野孝汰選手が登場した。1日からYouTubeで配信されている。
河野選手は戸田小、桜田中を卒業し現在は野田学園の2年生。小学から現在まで同FCの育成組織に所属し、昨年8月に同チームでは高校生初のプロ選手となった。インタビューでは、学業とプロ選手との両立、家族からのサポート、新型コロナウイルスの感染拡大の影響下で実践していることなどを聞いている。
この取り組みは、2019年度に同協会が設立した「女性スポーツ委員会」の委員が、女性がスポーツをしやすい環境づくり、スポーツを通した豊かな生活などをテーマに、「する・見る・支える」の観点から、県内のアスリートや指導者に、スポーツの魅力を聞くもので、昨年10月から始まりこれまでに6人のインタビューを配信している。
2月までのゲストは、山口銀行女子ハンドボールチームYMGUTSの東祐三監督▽卓球女子日本代表の石川佳純選手の父で指導者の石川公久さん▽助産師で富田柔道スポーツ少年団の指導者の永冨さと子さん▽県ゴルフ選手権で優勝しプロを目指している山本彩乃さん▽2021年の東京パラリンピック女子マラソンの日本代表、道下美里さん。動画は各回15分~20分。
当初は3月までの予定だったが4月以降も配信を継続する。4月1日は西京銀行の女子実業団バドミントンチーム「ACT SAIKYO」の柏原みき選手のインタビューを取り上げる予定。同委員会はYouTubeのチャンネル登録を呼びかけている。

関連記事一覧

PAGE TOP