イケメン紀行-mirai391-

KARAOKE BAR BANANA BOAT

貞弘 祐輔さん 31歳

 視界いっぱいに緑があふれる季節になりました☆ なかなか外出の難しい今日この頃ですが、窓の外で若葉がきらめているのを見るだけでぐっと気持ちが元気になったりしますよね。今回は、そんな新緑のように明るい笑顔が人を惹きつけるイケメンをご紹介します!

 KARAOKE BAR BANANA BOATを経営する貞弘さんは鹿野のご出身。お店を始めたのは24歳の時で、もう7年になります。おいしいお酒とカラオケが楽しめるバーですが、歌いたい人が歌う、ボードゲームも出来るよ! という自由なお店なので人前で歌うのはちょっと…という方も安心です♡

 フードメニューも人気で、特に貞弘さんが作る特製のふわとろオムライスには熱烈なファンが多いのだとか☆ 入店開口一番に「オムライス4つ!」なんて注文もあるそうで、「うちはバーなんだけど!(お酒を飲んでくれ!)」と冗談めかして文句を言いつつフライパンをあおるのだと笑って教えてくれました。お客さんと気の置けない関係を築いているからこそのエピソードですよね♪ お店のお客さん同士が結婚、なんてドラマのようなこともあったそうで、お店の雰囲気の良さが伺えます。

 そんな素敵なお店を作り上げた貞弘さんの前職は、自分のお店を持つために料理店で修業! …をしていたわけではなく、なんと完全異業種の建設業!

 とにかくアクティブな貞弘さんは、ハードなお仕事をこなしながら、飲食店へのお酒の配達までされていたのだそう…! その折に「ここでお店をやってみない?」と声をかけられて、「やるしかない!」とご両親の反対も押し切って飲食の世界に飛び込んだそうです。自分のことを「のんびり屋」だと言う貞弘さんですが、その行動力には舌を巻いてしまいます‼

 さらにさらに、貞弘さんのすごいところはその傾聴力。来店したお客さんの意見を真摯に受け止めて噛み砕き、お店の経営にどんどん反映させていったのだとか。お酒をたくさん飲むと、宴会の途中からでもお得な飲み放題に切り替わる珍しい料金システムもそのひとつ。カラオケで高得点を出したら割引、なんて楽しいサービスも♬

 お仕事をする上でのモットーは「あったらいいなを形にする」ことだそうで、生き様までなんともイケメンなのです☆

 そんな貞弘さん。今、一番欲しいものは? と尋ねてみると、「マイクロブタ」と意外なお答えが! お店の空き時間にマイクロブタの動画を観るほど、どっぷりとその魅力にとりつかれているのだとか‼ カラオケを楽しみたい方、イケメンを愛でたい方、そしてブタトークをしたい方も是非、貞弘さんのお店に足を運んでみてくださいね☆

関連記事一覧

PAGE TOP