イケメン紀行 -mirai386-

Hair Make Décore 美容師

重松 亨耶さん 24歳

 令和初のお正月を迎えました。今回は、新年にぴったりのフレッシュなイケメンです!家族愛たっぷりの愛されイケメン・重松亨耶さんをご紹介します。

 重松さんは美容師一家の末っ子として育ちました。高校卒業後、近県でも有名な福岡美容専門学校へ進学。学生時代は技術や座学などの授業がびっしりで、夜の9時まで残ってレッスンすることもあったそうです。辞めていく学生もおり、ご自身も何度もくじけそうになったそうですが、「高い授業料や生活費を出してくれている両親のことを思うと、やるしかない!」という気持ちで日々を過ごしていたそうです。

 同校を卒業後、福岡市内の大手美容室へ就職。1年目の夏前に気持ちがポッキリと折れてしまうような挫折を味わいました。美容師としての大先輩でもある母は職業人としての厳しさを見せつつも、親身に聞いてくれたそうです。2歳上の兄も美容師で、心配して会いに来てくれ、「辛さを乗り越えた先には、必ず楽しさや喜びがあるからもう少し頑張ってみたら」という言葉に救われたそうです。

 その後、両親のすすめもあり、実家の美容室へ。「掃除、シャンプー、カラーリングの手伝いなど、完全に見習いからスタートしました」。お客様を相手にしているお仕事に、親子といえど、甘さはありませんでした。

 そんな重松さんですが、根っからの末っ子キャラ。兄の友人の先輩美容師さんたちから可愛がってもらっているそうです。兄は、技術的なことだけでなく、お客様対応なども色々とアドバイスをしてくれるそうで、「小さな頃はそれなりに喧嘩もしましたが、今は一番身近で一番頼れる兄です」

 美容師さんは手あれになりがち・・・と想像してましたが、重松さんの指は手あれが全くなく、とても綺麗!ファッションにも当然気を使ってます☆ スポーティー・キレイ目カジュアル・ファンキーなどなど、その日によってファッションに変化をつけているそうです。

 もうすぐスタイリストの社内試験を迎えるそうで、「必ず合格します!」と、力強く話してくれました。内に秘めた情熱の炎を感じた瞬間でした。

 「この人にやってもらいたい!」という美容師を目指す重松さん。来年の6月・12月とコンテストに出場するそうです。そうしたところから、まずは自分を知ってもらいつつ、自己ブランディング力を高め、影響力と人間力のある美容師になりたいと、更なる情熱を見せてくれました。

 中高生からご年配の方まで、幅広い世代のお客様が来店するHair Make Décore。日々進化する重松さんのキュートな笑顔に癒されたいmirai読者さん!是非、訪れてみてください♬

関連記事一覧

PAGE TOP