9月16日 工芸としての茶室展

山口県周南市で作られた「山代和紙」と徳島県で作られた「阿波藍」を組み合わせて作られた「二畳の茶室」が展示されます。
茶室から工芸へではなく、工芸から茶室を考えて作成された贅沢な空間☆
〝一つの陶器を眺めるように、一つのお茶室を眺めることはできないか“という発想から生まれた、新しい茶室です。ひと時の癒しにぜひ訪れてみませんか?最終日は13:00~フィナーレが行われ、15:00に終了いたします。

場所:周南市立徳山駅前図書館
料金:無料
時間:10:00~20:00
主催:「工芸としての茶室展」実行委員会(徳山工業高等専門学校)

問い合わせ先:周南市立徳山駅前図書館(0834-34-0834)

関連記事一覧

PAGE TOP